横浜市中区本牧の歯科医院 バス停「本牧1丁目」から徒歩1分

アクセス

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

マウスピース

透明な素材で作られたマウスピースを装着し、定期的に交換しながら少しずつ歯に圧力をかけて歯並びを整える矯正方法です。ブラケットやワイヤーを歯の表面に装着して行う一般的な矯正方法と比べ、目立ちにくいことが最大のメリットです。また、薄く歯面にフィットする形状のため違和感を覚えることが少なく、取り外しが可能ですので食事や歯磨きを従来通り行うことができます。

モニター画像

近年さまざまなマウスピース矯正が開発されていますが、当院では中でも多様な症例に対応しやすい「インビザライン」を使用しています。
インビザラインはアメリカで開発され、世界中で600万人以上の治療実績のあるアライン社のテクノロジーシステムです。お口の状態をデジタルスキャナーで撮影し、治療経過や終了までのシミュレーションを、専用ソフトでお見せすることができます。患者さんに矯正後のイメージをしっかりとお伝えし、ご納得いただいた上で治療を進めてまいります。

従来の矯正治療との比較

矯正方法

マウスピース矯正

マウスピース矯正模型

メタルブラケット矯正

メタルブラケット矯正模型
装置の目立ちやすさ 透明素材で治療中だと気づかれにくい 歯の表面に銀色の装置を取り付けるので目立つ
痛みの度合い ワイヤーの牽引力に比べ痛みを感じにくい ワイヤー牽引時の圧力による痛みを感じやすい
装置の違和感 薄く歯面にフィットするため違和感が少ない 装置の凹凸による口腔内の違和感がある
取り外しの可否 できる できない
口腔ケアのしやすさ 取り外し可能なため歯磨きや装置の洗浄がしやすい 取り外せず装置の形状が複雑なため汚れが残りやすい
金属アレルギーへの対応 アレルギーフリー素材のため安心 金属を使っているためアレルギー対応できない

口腔内の3D化シミュレーションで仕上がりをイメージ

iTeroイメージ

矯正治療を受けるに当たって、もっとも大切なことは患者さんと矯正治療後のイメージをしっかりと共有することである、と考えています。
そのため当院では、インビザライン治療を行う上で欠かせない口腔内3Dスキャナー、「iTero(アイテロ)」を導入しました。従来のように歯型採りを行って模型を作成するのではなく、口腔内をスキャニングして3D化する方法です。
現在の歯並びや咬み合わせの状態から、歯並びが整うまでの過程、そして治療後の歯並びに至るまでを立体的にシミュレーションできるので、ご自身の歯がどう動き、どのような仕上がりになるのかを分かりやすくイメージすることができます。

マウスピース矯正Q&A

Q本当にマウスピースをはめておくだけでいいのですか?

Aはい、マウスピースははめておくだけで構いません。決められた時間はめておくだけで自然に歯に力が加わるような設計になっています。
インビザラインは治療完了までをシミュレーションし、歯を動かしたい位置へ誘導するため、持続的な力が加えられるよう設計されたマウスピースを最後の枚数まで作製します。定期的にマウスピースは交換し、歯科医院でのチェックは必要ですが、ワイヤー矯正のように調整は必要ありません。

Qインビザラインで治療できない歯並びはありますか?

Aインビザラインは他のマウスピース矯正に比べ、比較的さまざまな歯並びに対応できる方法と考えられています。
マウスピース矯正にはいくつか種類があり、中には前歯しか動かせないものもありますので、軽度な凹凸でないと治せないイメージがあるかもしれません。しかしインビザラインは奥歯も動かすことが可能で、全体的に歯並びを整えることができます。中にはインビザラインの圧力だけでは動かすことが難しい歯並びもありますが、他の装置と併用するなどの工夫で行える症例もあります。

Qインビザラインの治療費は他の方法よりも高いのでしょうか?

A治療費は金属ブラケットやワイヤーを使ったラビアル矯正よりは若干高めだといえます。金属のラビアル矯正が70万前後だとしたら、インビザラインは80~100万円が相場です。
とはいえ、表側のラビアル矯正を審美ブラケットやホワイトワイヤーにした場合の相場は80~100万円ほどになりますし、裏側矯正は90~140万円が相場です。目立ちにくさや食事・歯磨きのしやすさなどのメリットを考えると、目立ちにくい矯正方法の中では飛び抜けて高いわけではありません。

Qインビザラインはどの医院で受けても同じ治療が受けられますか?

A治療法自体はアメリカで開発され実績のあるアライン社の同じシステムが使われますので、治療中に引っ越し等で通院できなくなった場合でも、転居先でインビザライン取扱い医院であれば転院しやすいということもメリットのひとつです。
しかし、医院ごとに治療方法や結果に違いはあります。なぜなら、インビザラインは特有の知識や高度な技術を必要とするため、歯科医師によって診断や治療計画にも差が出てしまうことがあるからです。インビザライン公式HPにはこれまでの実績等によってインビザドクター(認定医)の称号を持つ歯科医師が掲載されていますので参考にご覧ください。

Qインビザラインは痛みを感じますか?

Aワイヤーやブラケット装置を使った矯正と比べると、比較的痛みを感じにくい方法です。
矯正治療が「痛い」と言われる理由は大きく分けて2つあります、ひとつはワイヤーの牽引による歯の根っこが感じる痛み。もうひとつは凹凸のある装置で口腔粘膜が傷つくことによる痛みです。
インビザラインは歯にかかる圧力を細かい間隔で加え、少しずつ歯を動かすので痛みを感じにくいといわれています。また、装置には凹凸もなく違和感も少ないので、口腔内を傷つけたり口内炎の原因になることもありません。

Qインビザラインは目立ちにくいと聞いたのですが本当ですか?

Aはい、矯正治療中だと気づかれにくい矯正方法です。
マウスピースというと、スポーツ選手が付けているものを想像されるかもしれませんが、矯正治療用のインビザラインは厚みが0.5mm以下の透明な素材でできていますので、歯列全体が覆われていても目立つことはありません。また、歯茎を覆う高さも低く密着性も良いので違和感を感じにくいでしょう。

マウスピース矯正の対象年齢

成人マウスピース矯正

成人マウスピース矯正バナー

永久歯が生えそろった中学生・高校生(14~16歳頃)以上の全ての方。

成人マウスピース矯正

小児マウスピース矯正

小児マウスピース矯正バナー

永久歯が出てくる6~7歳から永久歯が萌え揃う12~13歳位のお子さま。

小児マウスピース矯正

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約