横浜市中区本牧の歯科医院 バス停「本牧1丁目」から徒歩1分

アクセス

お子さんの成長に合わせた 痛くない矯正治療法

子供の笑顔

顎の骨の成長期は12歳ごろまでの限られた期間です。この成長をコントロールしながら永久歯を正しい位置へ誘導する方法を小児矯正といいます。
当院では、透明で目立ちにくく痛みが少ない「インビザラインファースト」(マウスピース)を用いた小児矯正を行っています。

永久歯が正しい位置に生えそろうためには、顎の大きさだけでなく、舌や頬、口唇の筋肉のバランスのとれた発達も必要です。この時期の矯正は顎の成長不足を解消し、お口周辺の筋肉や舌の動きといった、歯並びに悪影響を与える癖の改善も行うことで、永久歯が正しい位置に並ぶための土台づくりを行います。

旗を持つ子供たち

小児矯正の一期治療と二期治療とは

小児矯正の一期・二期

小児矯正は乳歯列期に行われる「早期咬合誘導」から始まり、永久歯へ生え変わる時期の混合歯列期に顎の骨の成長をコントロールするために行う「一期治療」、顎の成長が終わり永久歯になってから歯並びと咬み合わせを整える「二期治療」と、段階ごとに行われます。

当院が行っているインビザラインファーストは「一期治療」の時期のお子さんからが対象。インビザラインteenは「二期治療」にあたります。お子さまの歯並びや顎の大きさには個人差がありますので、お口の状況を拝見し、治療開始のタイミングや必要性などをご説明の上で治療のご提案をさせていただきます。

当院で行うマウスピース矯正の種類

インビザラインファースト

インビザラインファースト

永久歯への交換期である「混合歯列期」のお子さん対象のマウスピース矯正です。
はめておくだけで口腔機能をトレーニングすることができ、顎の成長を促しながら永久歯の歯並びを正しい位置に整えることができます。
従来、拡大装置と歯並びを整える装置は別でしたが、インビザラインファーストはこれを一度に行うことができ、治療期間短縮や費用の軽減にもつながります。

インビザラインファーストの特徴

乳歯と永久歯が混在し成長過程にある時期特有のニーズに合わせてインビザラインの技術改良を行いました。従来顎の拡大と歯列を整える矯正は別で行われていましたが、インビザラインファーストはマウスピースだけで歯列拡大と不正咬合を同時に矯正することが可能となったのです。また、萌出途中の歯やこれから生えてくる歯のサポートも行える設計になっており、混合歯列期のお子さんの正しい歯の交換や萌出もサポートします。

インビザラインファーストのメリット

お子さんの笑顔を引き出す
成長過程に合わせて歯並びを整えていくことでコンプレックスが解消され、自然とお子さんの笑顔や明るさを引き出すことにもつながります。
透明で目立ちにくい
見た目で矯正中だということはほとんどわかりません。お友達にからかわれる心配など見た目の抵抗を感じることなく行うことができます。
虫歯のリスクを軽減
装置は取り外すことができます。食事や歯磨きも普段通りに行えるので、従来の矯正装置と比較しても汚れが残りにくく虫歯になりにくい矯正法です。
安心・安全な装置
薄くて柔らかい素材なので、転倒や衝突、ボールが当たったりしても装置でお口をケガする心配がありません。遊びもスポーツも安心・安全に行うことができます。
悪習癖の改善にも役立ちます
マウスピースをはめていることで、歯並びにも悪い影響を及ぼしやすい指しゃぶりや舌突出、歯ぎしりなどの悪習癖の改善もサポートしてくれます。
通院回数の減少
従来の矯正治療のように毎月の調整が必要ないため、定期的な通院は1.5~3ヵ月ごとと、通院回数が少なく済みます。
二期治療がより短期・簡単に
一期治療を行い顎の成長が順調に進んでいるので、二期治療の必要がなくなる、もしくは簡単な治療で済む傾向があります。

拡大床

当院ではインビザライン治療に加え、顎の成長を助ける必要があると診断した場合に「拡大床」(かくだいしょう)の併用をご提案しています。
拡大床は、歯列を頬側に向けて拡大してスペースを作る装置です。歯科用プラスチックのプレート(床)とワイヤー、拡大ネジでできた拡大装置を口蓋や舌側にはめて上顎や下顎を広げます。
インビザラインの機能だけでは顎の拡大が不足している場合に併用することで、より効率的かつスムーズに顎の成長と拡大を促すことができます。

拡大床

インビザライン・ファーストの適応条件

適応の条件として、以下の3つが目安とされています。

  • 第一大臼歯が生えていること
  • 切歯(乳歯もしくは永久歯)の2歯が少なくとも2/3以上萌出していること
  • 乳犬歯と乳臼歯(C、D、E)が残っている又は永久歯の犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯(3、4、5)が2歯以上生えていること
お子さんの理解と協力が必要です

アライナーは1日20時間以上と、ほぼ1日中装着する必要があります。外してよいのは食事と歯磨きの時くらいです。食後装着し忘れたり外したままの時間が長いと、計画通りに治療が進まず期間が延びたり、矯正結果に影響が出てしまったりすることがあります。
お子さんが治療に関して十分理解し、協力してくれることが重要です。

歯医者で治療を受ける子供

インビザラインファースト 料金表

治療費用(一式) 550,000円(税込)

インビザラインteen

インビザラインteen

10代は歯の生え変わや顎の成長だけでなく、身体的・精神的にも変化が大きい時期です。従来の矯正治療では二期治療は大人と同じ矯正装置を用いますが、インビザラインは「思春期」の時期特有の成長や懸念点に合わせて改良した「インビザラインteen」を開発しました。
口腔環境、見た目、ライフスタイルを考慮したデザインで、10代の矯正治療をサポートしています。

インビザラインteenの特徴

交換中、萌出中の永久歯を守ります

乳歯はすべて抜け落ちた後でも、永久歯が完全萌出するまでに時間がかかったり、顎の成長に伴って永久歯の位置が移動したりすることがあります。
インビザラインteenは、従来のマウスピースに改良を行い、交換期・萌出期特有のお口の変化に対応できるよう、完全萌出していない歯が過剰に萌出するのを防ぐ「萌出タブ」や、萌出途中又はこれから生える歯に対する「萌出スペース」を設定できるようになっています。

萌出タブ

規定装着時間がわかりやすい工夫が施されています

インビザラインは取り外し可能ということもあり、外したままの時間が長いと予定通りに治療が進まないことがあります。そこで、お子さんがマウスピースを既定の時間装着できているか確認できるよう、装着時間に応じて色が変化する「コンプライアンス・インジケーター」が装着されています。

コンプライアンス・インジケーター

インビザラインteenのメリット

目立ちにくく周りに気づかれない
透明で目立ちにくいため、矯正していることを周囲に気づかれず治療することができます。コンプレックスから解消され、自然な笑顔と明るさを引き出します。
学校生活に支障がない
マウスピースは装着したままスポーツや楽器演奏も可能。痛みが少なくお口を傷つけることもありませんので、部活や趣味、学校行事などに支障なく治療できます。
取り外し可能で衛生的
今まで通り、取り外して歯磨きできるので大変衛生的です。虫歯や歯周病のリスクもほとんどありません。食事も従来通りにおいしく摂ることができます。
通院回数が少ない
従来の矯正治療が月に一度調整が必要なのに対し、インビザラインは2週間に1回からスタートし、その後2、3カ月に1回の通院になります。
金属アレルギーの心配がない
金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方や発症が気になる方も、問題なく治療をしていただくことができます。

インビザラインteenの適応条件

適応の条件として、以下の3つが目安とされています。

  • 10代のお子さまであること(推奨年齢:11歳~18歳)
  • 犬歯(3)、第二小臼歯(5)および第二大臼歯(7)が萌出の途中であること
  • 第一小臼歯(4)および第一大臼歯(6)が完全に萌出していること

インビザラインteen 料金表

治療費用(一式) 550,000円(税込)

小児マウスピース矯正を行う上での注意事項

マウスピースは1日20時間以上の装着が必要
歯を計画通りに動かすため、マウスピースを1日20時間以上装着することが必要です。外せるのは実質食事の時と歯磨きの時だけです。規定時間が足りないと治療期間が長引いたり、マウスピースが合わなくなってしまい再制作が必要になることもあるので注意しましょう。
口腔機能トレーニングも重要
小児マウスピース矯正には、不正歯列を整えるだけでなく、顎の成長を促す拡大効果もありますが、お口周辺の筋力が弱いと、治療後に後戻りをしやすくなってしまいます。矯正治療期間は口腔機能トレーニング(MFT)にも取り組みましょう。
悪習癖があると治療が進みにくい
指しゃぶりや舌突出、歯ぎしり、口呼吸などの悪習癖は治療の妨げになってしまうこともあります。装置である程度予防することも可能ですが、自身で意識して改善できる癖は、治療期間中に治せるように心がけて行きましょう。
虫歯や歯周病に注意
マウスピースを付けたまま食事をしたり、食後の歯磨きを怠ったりと不衛生な状況が続くと、歯の表面が長時間覆われているので、逆に虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。食後は歯磨きをしてから再装着することが基本で、常に装置は清潔に保つようにしましょう。
一期治療後、再度治療が必要になることがある
一期治療で顎の成長を促しながら歯列を整えることができるため、二期治療が必要でなくなる場合もありますが、逆に一期治療から行っていたとしても、顎の成長不足や習癖などが要因となり、二期治療が必要になることもあるということをご了承ください。

お子さんの歯並びが気になったら
まずはご相談ください

「乳歯が窮屈に並んでいるけど永久歯はちゃんと生えるの?」
「永久歯が重なって生えているけど大丈夫?」
交換期になると、お子さんの歯並びが気になる親御さんも多いのではないでしょうか?
成長や症状によって行う治療方法も異なります。
矯正治療に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にご相談ください。

笑顔の女の子

ご予約はこちら

電話:045-621-6161

24時間受付中 Web予約

土日も診療
月・火・水・金曜日 9:30~12:30 14:30~18:30
土曜日は17:30まで 日曜は午前のみ 木曜日・祝日休診

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約